国立大学法人 鹿児島大学教育学部附属幼稚園

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

園の環境

遊びの中から始まる運動会

10月16日に附属幼稚園の運動会が行われます。

毎年、運動会の種目については,子どもたちの好きな遊びや楽しんでいる遊びをヒントに内容を決めていきます。

そして,附属幼稚園では,各クラスの子どもたちの交流を考えて2チームに分けています。

このようなチームにすることで,お互いのことをもっと知ることができて,異年齢児のかかわりが深まっていきます。

「かけっこあるよね。」「応援しよう!」など,いろいろな声がきこえています。

楽しい運動会になりそうです。

             2022.9.12

 

教育実習が始まりました

鹿児島大学の学生の皆さんが,教育実習にきました。

今年度は,2回に分けて実習を行います。

教育実習中,子どもたちと関わりながら,様々な保育について学んでほしいと思います。

子どもたちも楽しみにしています。

             2022.8.29

 

前期後半がスタートです

夏休みが終わり,子どもたちの元気な声が聞こえました。

園庭では,虫取りが盛んになりました。セミの抜け殻をたくさん探して誇らしげに見せてくれる子どもたちです。

また,元気いっぱい駆け回っています。

これからも,たくさんの思い出をつくってほしいです。

             2022.8.26

 

カイコに興味津々!

6月から大学の先生が育てているカイコを見にいっている子どもたち。

カイコの幼虫が桑の葉を一生懸命に食べる姿をじっくり観察したり,手のひらにのせてみたりと触れ合ってきました。

その後、幼稚園にサナギとなった繭をいただき,全園児が見える場所に置くことにしました。

幼虫が糸をはきながら繭をつくる様子を録画して,子どもたちに見せると「すごい!丸くなっていく。」「どこから糸がでてくるの?」などと話をしていました。

通りながら虫かごの中を見て,「いつでてくるの?」「早く見たいな」と気に掛けていました。

そして,成虫になったカイコを見て「小さいな。」「かわいいね。」と話しているこどもたちでした。

これからも,カイコについて知る機会を増やしていきたいです。

             2022.7.12

泥だんごつくり

大学の先生に来ていただき,子どもたちと泥だんごつくりをしました。

園庭の好きな場所の土や砂をもってきて,まずお団子をつくりました。

そして,先生が準備してくださった粗めの土・細かい土・黒土などをまぶしながら泥だんごを固くしていきまして。

途中,お団子が崩れてしまうこともありましたが,「もう一度つくる!」と土を取りにいって丸める姿がありました。

じっくり取り組みながら,けずって布で磨いてだんだん光っていく団子をつくっていった子どもたちでした。

次の日も登園したらつくる姿が見られ,年長の子から年少・年中の子どもたちに教えていく様子も見られました。

土の感触を楽しんだり。綺麗なお団子にするために力の入れ方や手つきを考えたりなど,たくさんの経験を積み重ねている子どもたちでした。

             2022.7.7

トウモロコシの収穫

春に蒔いたトウモロコシの種。

途中で間引きや受粉のお手伝いをしながら待っていたトウモロコシが実りました。

自分より背の高くなった茎から,選んでもとっていました。

大事に抱えて家へ持って帰りました。

このような機会をこれからもつくっていきたいです。

              2022.7.6

水遊びスタート!

子どもたちが楽しみにしていた水遊びがスタートしました。

毎日の遊びのひとつとして水遊びをしています。

登園して朝の準備をすませると,水遊びにむかいます。

水遊び場やビニールプールで遊ぶ子どもたちです。

水鉄砲や泡遊び、ボディペインティングなども体験していきます。

              2022.6.16

バケツ稲の栽培

日曜参観にて,年長児と保護者でバケツに稲の苗を植えました。

前もって,実習地の先生方に教えてもらいながら,子どもたちでバケツに土を入れたり,肥料を入れて混ぜたりしながら準備を進めていきました。

子どもたちは,自分のバケツに稲の苗を植えていきました。

これから大きくなり,秋には稲穂が見られることを楽しみにしたいと思います。

              2022.6.12

芋の苗植え

芋の苗を植えに年長組と年中組の子どもたちで行きました。

苗を持って,棒を使って植えていきました。

真剣な表情で植えていた子どもたちです。

秋の収穫までに大きくなりますように。

              2022.5.11

トウモロコシの種を植えに行きました。

附属幼稚園では,毎年トウモロコシを教育学部の実習地で植えさせていただいています。

年長の子どもたちと一緒に,トウモロコシの種を植えに行きました。

実習地の先生のお話を聞いて種をもらい,丁寧に植えていった子どもたちです。

生長する様子を見ていこうと思います。

              2022.4.20

サクランボ収穫

今年もたくさんのサクランボが実りました。

子どもたちと一緒においしく食べました。

これからも,附属幼稚園の園庭でいろいろな果実が実ることを楽しみにしています。

              2022.4.18

令和4年度が始まりました!

新しい1年がスタートしました!

新しいお友達も入園して,園庭やお庭で元気いっぱい過ごしています。

今年、どんなことを子どもたちと一緒にできるのか,ワクワクしています。

              2022.4.18

修了式

今日で令和3年度が終わりました。

お部屋や園庭の道具などをきれいにして,新年度の準備をみんなで行いました。

そして,いよいよ春休みになります。

また,4月から新しい出会いやたくさんの遊びなど,楽しみが待っています。

              2022.3.18

卒園式

年長組うみ組の子どもたちが,附属幼稚園を卒園しました。

元気いっぱいでやさしく,附属幼稚園の一番上のお兄さん・お姉さんとして,いろいろな場面で活躍してくれました。

年中・年少の子どもたちの憧れでした。

これからも笑顔で,輝く未来に向けて進んでいってほしいです。

ずっと応援しています。

              2022.3.16

見つけました!

園庭のすみっこに,ツクシを発見しました。スギナにまぎれてまっすぐ伸びているツクシ。

幼稚園の子どもたちのようです。

子どもたちに見つかるのは,もうすぐかもしれません。

              2022.3.14

もうすぐ春が・・・

朝晩はまだまだ寒いですが,だんだん暖かくなったなぁと感じるこの頃。

園庭のサクランボの花が咲きました。

4月には,サクランボの実がなり,子どもたちと食べる予定です。

また,黄色や白のスイセンもたくさん咲いています。

そして,モンシロチョウも飛んできました。

春が,すぐそこまで近づいています。

               2022.3.9

木工遊び

日頃からうみ組(年長)の子どもたちは,「木のお家を作りたい!」という思いを持っていました。

太い木の枝を見つけて,テントの様に組み合わせてその上に葉っぱのついた細い枝をのせて作っていました。

その後,「木の上にお家を作りたい。」「ツリーハウスとはしごを作りたい。」という話になりました。

鹿児島大学の木工の先生の御協力で,子どもたちが使いやすい木材を提供していただきました。

早速,かなづちと釘,ノコギリなどを使ってはしごをつくりました。

2種類の釘を使い分けながら,話し合ってつくっていました。

そして,木に縄を吊り下げて,ブランコもつくりました。

自分達でつくりたいものを一生懸命につくりあげる子どもたちです。

安全面に気をつけながら,子どもたちと一緒にいろいろなものをつくっていきたいと思いました。

               2022.3

冬の園庭で出会う花

毎日,寒い日が続きますが,子どもたちは元気に園庭やお部屋で遊んでいます。

冬の園庭は緑が少なくなっていますが,この時期は梅の花が見頃です。

薩摩紅梅の赤・梅の薄いピンク・小梅の白など鮮やかで,元気な子どもたちを応援しています。

               2022.2.21

桜島大根の収穫しました

大きくなった桜島大根を各クラスで収穫しました。

大きな葉っぱをもって「うんとこしょ!どっこいしょ!」と言いながら力一杯引っ張ると,大きな桜島大根が土から出てきました。

「大きい!」「重たい!」という声も聞かれました。

その日は,水で丁寧に洗ってスープとお漬物にして食べました。

そして,給食の日にサラダにして食べました。

日頃,野菜の苦手な子も「桜島大根が入っているよ。」と伝えると食べてみる子が多かったです。

自分達で育てたものを食べるという経験ができて,うれしかったです。

               2022.2.8

ジャガイモの収穫!

9月に植えたジャガイモの収穫に行きました。

冬休み前に大きくなっているジャガイモを見て,収穫を楽しみにしていた子どもたちでした。

土を一生懸命に掘って大きなジャガイモが出てくると「わぁ!!」と歓声があがり,どんどん掘っていきました。

たくさん採れたジャガイモは,うみ組(年長)の子どもたちが仕分けをしてくれました。

そして,子どもたちのお土産になり,持って帰りました。

                2022.1.12

鏡開き

子どもたちと一緒に鏡開きを行いました。

『鏡開き』の由来について聞き,みんなの前でもちつきの時につくったおもちを割りました。

その後,七輪で焼いたおもちを食べていきました。

七輪を見た子どもたちは,「これ(七輪)、あたたかい!」「おもちがふくれてきたよ。」「早く食べたいな。」

などと話す姿がありました。

焼きたてのおもちは,「おいしい!」「ビヨ~ンってのびたよ。」との声が聞かれました。

そして,ぜんざいも食べました。

また,いろいろな行事を経験してほしいです。

                 2022.1.11

            

後期後半がはじまりました。

1月11日から幼稚園が始まりました。

冬休み明けの子どもたちは,元気よく登園してきました。

早速,冬休み中にあったことを友達や先生にお話する姿がありました。

残り3ヶ月,子どもたちと一緒にいろいろなことにチャレンジしていきたいです。

                 2022.1.11

後期前半が終わりました。

12月23日で,附属幼稚園後期前半が終わりました。

いろいろな行事があり,子どもたちは,楽しく元気に取り組んでいました。

幼稚園で過ごす中で,様々な経験をして大きな成長を感じました。

特に年長組の子どもたちは,いろいろな場面で年下の子どもたちを引っ張ってくれました。

さて,令和3年度もあと3ヶ月と少し。

子どもたちとたくさん楽しみたいです。

                 2021.12.23

もちつき

幼稚園の子どもたちと『もちつき』をしました。

うすときねを使い,おもちをつき始めると,みんなで「がんばれ~!」と声援をおくったり,

「よいしょ!よいしょ!」とかけ声をかけたりしながら,ついていきました。

ついたおもちは,鏡もちにして幼稚園に飾ります。

おもちをつき終わった各クラスに分かれて,おもちを食べました。

PTA専門部の方々の御協力のもと,安全においしく食べることができました。

うすときねでおもちをつくことで,昔ながらの行事について経験したり,その行事の意味を知ったりすることを

大切にしていきたいです。

                 2021.12.8

大きな大根がとれました!

9月に植えた大根が大きくなり,収穫の日を迎えました。

子どもたちと実習地の畑に向かうと,そこには大きな大根が!

先生から大根の葉を持って上の方へ抜いていくことを教わり,早速挑戦しました。

一生懸命抜くと大きくて重たい大根がとれました。

幼稚園までしっかり持って帰りました。

次はジャガイモの収穫が待っています。

                 2021.12.2

脱穀からおにぎりパーティーへ

陰干しした稲の脱穀しました。稲穂の部分をハサミを切ってフィルムケースを使い,籾をとりました。

自分達で育てた稲を丁寧に脱穀していきました。

そして,いよいよおにぎりパーティーの日。お米を洗って炊きます。

その間,今まで準備していたお店屋さんを開いて,年少組と年中組を招待してくれました。

お店屋さんが終わった後,炊き上がったご飯をラップで包みモールで結んでいました。

出来上がったら各クラスをまわり,先日渡していた『おにぎりチケット』と交換で配っていきました。

みんなでおいしくいただきました。

育てたものを食するという経験をこれからも増やしていきたいです。

                 2021.11.25

焼き芋

子どもたちが楽しみにしていた焼き芋の日がやってきました。

前日に芋掘りで掘ったお芋をきれいに洗い,濡れた新聞紙とアルミホイルを巻いて準備完了です。

園庭で火をおこし,火が落ち着いたところに前日に準備したお芋を入れて蒸し焼きにします。

その間も,落ち葉を集めたり,「ここ(たき火)はあったかいね。」「もう,お芋焼けた?」など

遊びながらお芋が焼けるのも楽しみに待っていました。

そして,いよいよ焼き芋を食べる時間になりました。

あったかいお芋をフーフーしながら食べていくと・・・

「おいしい!」「あまい!」などいろいろな声が聞かれました。

中には,おかわりをする子もいました。

自分達で収穫したものをみんなで食べるという経験をこれからも,計画していきたいです。

                 2021.11.9

家族参観

お家の方々が幼稚園を訪れて一緒に過ごす『家族参観』がありました。

各クラスで製作をしたり,ミニ運動会をしたりなどいろいろな活動を行いました。

子どもたちもお家の方々と一緒に過ごす姿は,日頃とは違ってうれしそうで楽しそうに見えました。

                  2021.11.1~4

いいにおい

今,附属幼稚園の園庭ではいいにおいがします。

その正体は,『ギンモクセイ』です。園庭に何本もあり,園庭のすみずみまでにおいがしています。

例年は10月の中旬くらいに咲きますが.今年は遅めの開花となりました。

子どもたちは,「ここからにおいがする!」「あっ,下にたくさん落ちている」と見つけています。

ビニール袋に落ちているギンモクセイの花をたくさん集めて「先生,この中いいにおいがするよ。」と見せてくれたり,

水の入ったバケツにたくさん入れて「お花のカレーができましたよ。」とお料理をつくったりしています。

これからの季節もいろいろな自然のものに触れ合っていく子どもたちです。

                   2021.11.1

芋掘りほ~れほれ!

春に植えたサツマイモが大きくなり,いよいよ収穫の日となりました。

大学構内の畑に行き,お世話をしていただいた先生に,芋の掘り方を教えてもらいました。

いよいよ芋掘りが始まると,一生懸命に土を掘る子,なかなか芋が見えなくて「先生!お芋が,出てこない!」と話す子。

掘ったお芋をみんなに見せながら「こんなにあったよ!」うれしそうに教えたくれる子などなど。

たのしい芋掘りになりました。

掘ったお芋は,おうちに持ち帰りました。そして,幼稚園での焼き芋で使う予定です。

                    2021.10.28

稲刈り

うみ組さんが育てていたバケツ栽培の稲。いよいよ稲刈りとなりました。

自分のバケツの稲を手で掴み,ハサミで一生懸命切っていきました。

稲の茎がかたくて,なかなか思うように切れずに苦戦していた子どもたちでしたが,

最後までしっかり切っていました。

切った後は,先生のところまで持って行き,束にしてもらって陰干しをしました。

この後,稲穂を切ったり穂から籾をとったりなど,お米になるまでにいろいろな手順をしていく予定です。

                   2021.10.27

桜島大根,大きくなっています

9月に植えた桜島大根をずっと気にかけていた子どもたちが,

秋休み明けの桜島大根の大きさを見て,びっくり!

「すご~い!大きくなっている!」

これから,ますます大きく生長していく様子をみんなで見届けたいです。

                    2021.10.26

後期が始まりました

秋休みが終わり,今日から後期が始まりました。(附属幼稚園は,2学期制となっております。)

子どもたちの元気な声が園庭やお部屋に響いていました。

子どもたちがずっと楽しみにしていたカキを年長児が収穫しました。

カキの木をじっと見ながら「あそこにある!」「先生,手でとってもいい?」「なかなか届かないよ~。」など,

先生や友達と話をしながら収穫を楽しみました。

収穫したカキは,切っておいしくいただきました。

これからも,たくさんの楽しみを幼稚園で体験してほしいです。

                    2021.10.26

待ちに待った運動会

10月17日,運動会が行われました。

よい天気に恵まれ,みんなで元気いっぱい運動会を楽しみました。

かけっこ,ダンス,親子種目など,子どもたちは笑顔で取り組んでいきました。

最後は,年長さんのリレーです。

附属幼稚園では,全園児でふたつのチームに分かれます。

リレーは,そのチーム対抗でのリレーです。幼稚園最後の運動会,いつも駆け回っている園庭を一生懸命に走る年長さんに

たくさんの応援の声がかかっていました。

明日からは,秋休み。また,元気いっぱいに子どもたちに会えるのが楽しみです。

                     2021.10.17

いよいよ運動会!

いよいよ今週の日曜日に運動会が迫ってきました。

子どもたちも予行練習など終えて,ドキドキワクワクしているようです。

附属幼稚園の園庭の空には,毎年子どもたちの描いた絵の旗がはためいています。

日曜日が,良い天気になりますように。

                     2021.10.15

運動会の練習はいつでもどこでも

10月17日(日)に附属幼稚園の運動会が行われます。

全体練習をしたり,クラス練習したりなど,練習の真っ最中です。

運動会の種目は,子どもたちの好きな遊びの中から種目の内容を考えます。

電車ごっこが好きなクラスは,段ボール電車を使った種目。

動物が好きなクラスは,親子で動物に変身していく種目。

オリンピックの話題で盛り上がったクラスは,オリンピックの競技をアレンジした種目など,

毎年趣向を凝らして,子どもたちが楽しく取り組めるようにしています。

全員でダンスをする種目があり,年長さんが考えた振り付けも加えてみんなで踊っています。

園庭で流していると,ダンスの場所に行って踊る子。遊んでいる場所でみんなで踊り始める子など見られました。

運動会まで,あと少しです。

                     2021.10.12

どんぐり見~つけた!

秋の附属幼稚園の園庭では,いろいろな種類のどんぐりに出会います。

園庭にたくさん落ちているので、子どもたちは朝の準備が終わると落ちている場所に走っていきます。

クヌギ,アラカシ,マテバシイ,コナラといろいろな種類のどんぐりを集めています。

ひろった後は,おうちへのプレゼントとして持って帰ったり,ままごとやお店屋さんごっこに使ったりしています。

これからもどんな遊びに発展するか,楽しみです。

                      2021.10.1

桜島大根を育てよう

附属幼稚園で桜島大根の種を植えました。

大きな植木鉢にみんなでたくさんの土を入れて山をつくり,種を植えました。

そして1週間後,大きな芽がでてきました。

どのくらいの大きさの桜島大根ができるのか,楽しみです。

2021.9.22

教育実習が始まりました

附属幼稚園の特徴であります,教育実習が始まりました。

短い期間ではありますが,子どもたちと過ごしながら,幼稚園教育を学んでほしいと思います。

2021.9.21

植えてきました!

じゃがいもと大根の種を植えました。

子どもたちと一緒に植えたかったのですが,このような状況のため,今回は職員で植えることになりました。

子どもたちと一緒の収穫が楽しみです。

2021.9.16

大きくなってきました。

園庭の柿の木にたくさんの実がなっています。

遊びながら,だんだん大きくなっている様子を見ている子どもたちです。

「早く大きくならないかな?」「オレンジ色になってからだよね。」

収穫が楽しみです。

2021.9.10

虫が大好き!

トンボやバッタ,アゲハチョウなどいろいろな虫が園庭で見られます。

虫を探すことが大好きな子どもたちは,登園して,朝の準備が終わると園庭に駆け出していきます。

ある日、園庭のログハウスから柿の木をじっと見ている子どもたちの姿がありました。

「先生!セミが歩いているよ。」じっと木の枝を見てみると,ゆっくり登っていくセミがいました。

「がんばれ~!がんばれ~!」と一生懸命応援していました。

また,高い木にアゲハチョウを見つけて,背伸びをしながら虫網を頑張って伸ばしている姿に微笑ましく思いながら,一緒に虫取りをしています。

他にもいろいろな遊びを楽しんでいる毎日です。

2021.9.8

稲の花が咲きました!

夏休み中,すくすくと育った稲を見た年長のうみ組さん。

「大きくなってる!」「僕よりも高くなってるよ。」など興味津々にじっくり見ていました。

稲の花も咲き始め,うみ組さんの期待が高まっています。

自分達で交代しながらバケツに水をあげています。

これからの成長が楽しみです。

2021.8.27

幼稚園が始まりました。

長い夏休みが終わり,子どもたちが元気に登園してきました。

早速,園庭やお部屋で友達と一緒に遊ぶ子どもたちでした。

感染防止対策をしながら,楽しく幼稚園生活を送っていきたいです。

2021.8.25

夏休みどんぐりクラブ(8月)

2回目となります未就園児を対象にしたどんぐりクラブを行いました。

今回は,虫取りや水遊び,泡遊びの他に,たらいに発砲スチロールで作った金魚を浮かべて,『金魚すくい』をしました。

園庭やお部屋で,いろいろな遊びを楽しんでいました。

そして,後半にプレイルームで,『音楽で遊ぼう!』をしました。附属幼稚園の動物園に行こう!とみんなで動物になりきって,音楽に合わせて体を動かして楽しみました。

次回は,9月15日(水)を予定しております。8月17日(火)より受け付けを始めます。

またのご参加をお待ちしております。

2021.8.3

夏休みの園庭では・・・

毎年,この時期になると,附属幼稚園の園庭で見かけるものがあります。

それは,木のそばの土にいくつもの穴です。

そして,そばにある木の幹や葉にセミの抜け殻が・・・。

土の穴とは,セミの幼虫が成虫になるために出てきた穴です。

夏休みの附属幼稚園は,子どもたちの元気一杯の歓声ではなく,セミの鳴き声の大合唱が響いています。

2021.7.29

夏休みどんぐりクラブ(7月)

未就園児を対象にしたどんぐりクラブを行いました。

園庭では水遊びをしたり,遊具や砂場で遊んだりしました。

お部屋では,お絵描きや塗り絵をしたり,ままごとをしたりしました。

そして今回は,いろいろな色の寒天遊びをしました。

型抜きでいろいろな形をつくり,カップにいれたり,混ぜ合わせて感触を楽しんだりしました。

最後に,手遊びや紙芝居をみました。

次回は,8月3日(火)を予定しています。詳しくは,お知らせの「夏休みどんぐりクラブのご案内」をご覧ください。

2021.7.20

お泊まらない保育

夏休み前の年長児うみ組にとって,楽しみで大きなイベントの「お泊まらない保育」がありました。

子どもたちにとって,楽しくて素敵な思い出になれるよう,企画を考えていきました。

1ヶ月前からうみ組に手紙が来たり,その日に必要なものを製作をしたりしながら,当日を楽しみに迎えました。

お昼から登園してきた子どもたちは,水遊びをしたり,ミッションに挑戦したり,先生達がだしたお店で手作り衣装やアクセサリー,武器などを買いました。

そして,みんなでつくったおやつやカレーを食べて,ファッションショーをしたり,花火を見たりしました。

半日でしたが,子どもたちはニコニコ笑顔で,みんな仲良く楽しく過ごしました。

いよいよ夏休みです。元気に過ごして,また夏休み明けに会える事を楽しみにしています。

2021.7.16

現職教員研修(7月)

附属幼稚園で現職教員研修が行われました。

参加された先生方が,附属幼稚園の自由感あふれる保育の中で子どもたちと関わっていただきました。

そして,降園後に本日の保育について幼児理解や環境構成などを交えながら話し合いました。

参加された先生方が,これからの保育を行う時のヒントになれば,うれしいです。

ご参加,ありがとうございました。

2021.7.9

たなばたの日

今日は,7月7日。たなばたの日です。

附属幼稚園では,各クラスの保育参加の日に子どもたちとお家の方々とつくりました。

みんなでいろいろな形のたなばた飾りをつくったり,願い事をかいた短冊を飾ったりしました。

織り姫と彦星が会えて,みんなの願い事が叶いますように。

2021.7.7

交通安全教室

鹿児島県警察本部の交通企画課から講師に来ていただき,子どもたちに交通安全のお話をしていただきました。

腹話術の全ちゃんと一緒に自分の命を守るための3つのお約束をしました。

その後,横断歩道の渡り方を教えてもらいました。

「とんとんと~まれ!」や「右・左・右」をリズムにのせて言いながら実際に歩きました。

2021.7.7

トウモロコシの収穫

4月20日に植えたトウモロコシを収穫しました。

子どもたちは,大学学部内の実習地の先生方に御協力いただき,トウモロコシの種を植えました。

その後も,畑の様子を見に行きながら,早く大きくなることを楽しみにしていました。

そして,いよいよ収穫の日。

クラスごとに畑に行き,収穫の仕方を実習地の先生に教わって,収穫がスタートしました。

大きくなったトウモロコシを収穫して,大切に自分で抱えて幼稚園にもどりました。

1人1本はお家に持って帰りました。

残りのトウモロコシは・・・。朝早く収穫したトウモロコシは,そのまま食べてみました。

とっても甘くて,子どもたちも「おいしい!!」と笑顔になりました。

2021.7.2

泥遊びって楽しいな

附属幼稚園の園庭には,砂と土の感触の違いを体験してほしいという思いから,砂場の他に土山と呼んでいる場所があります。

そして、この時期に水遊びと一緒に土山に水を混ぜて泥遊びもします。

最初は入っていくのに1歩が踏み出せない子どもたちですが,入り始めると,「ツルツルする。」「気持ちいい!」「お団子たくさん作る。」「楽しいな。」「もっと水を入れてみよう」など,いろいろな声が聞こえてきました。

体全体を使って遊ぶ楽しさを水遊びや泥遊びを感じてほしいです。

2021.6.18

水遊びが始まりました。

幼稚園の園庭や水遊び場と呼ばれるプールで水遊びが始まっています。

泳いだり,水鉄砲で水をとばしたりなど,いろいろと水に触れ合う活動をしています。

毎日,楽しい子どもたちの歓声が聞こえてきます。

2021.6.15

大きくな~れ!

13日に日曜保育参観がありました。

コロナウイルス感染防止対策の観点から各クラスの活動時間をずらして行いました。

子どもたちも家族の方と一緒に過ごすということで,うれしそうでした。

その中で,年長のうみ組は,稲のバケツ栽培をしました。

日頃食べているお米がどのように成長していくのかを知り,興味・関心をもってほしいと,毎年米作り体験をしています。

今年は,バケツで稲を育てることになりました。

先生のお話を聞いて,自分の名前の書いてあるバケツに稲の苗を丁寧に植えていきました。

秋まで育てて,そのお米を使っておにぎりを作る予定です。

2021.6.13

初夏に出会う花や木の実

この時期,園庭にクワの実やヤマモモの実が落ちています。

登園して朝の準備が終わるとみんなで拾いに行きます。

ビニール袋に木の実と水を入れて一生懸命潰していくと,きれいな色水になります。

クワの実は紫色,ヤマモモの実は赤色で「ブドウジュース」「イチゴジュース」など,遊びの中でいろいろなジュースに変身しています。

2021.6.3

初めての給食

毎週金曜日は,給食があります。

朝から「今日は,給食だよね。」「もう食べたいな。」など話したり,給食室の前まで行き,においをかいでいる子どもたちがいました。

いつものお弁当とはちょっと違う給食に子ども笑顔になって,たくさん食べていて,おなべがからっぽになりました。

2021.5.7

春に出会う花や木の実

園庭には,シロツメクサがたくさん咲いています。

子どもたちは,たくさん摘んで花束にしたり,ビニール袋に花と水を入れてハーバリウムのようにつくっていました。

いろいろな遊びに使っています。

2021.5.6                    

   

春に出会う花や木の実

春の園庭では,色とりどりの草花や木の実に出会います。

今の季節に園庭で見られる自然を紹介します。

サクランボの実がなりました。真っ赤なかわいらしい実で,子どもたちに大人気でした。

2021.4.16

入園式がありました

春の日差しが心地よい1日となったこの日,鹿児島大学教育学部附属幼稚園の入園式が行われました。

ドキドキ・ワクワクしながら門をくぐり,自分のクラスにやってきました。そして,入園式へ。

ちょっぴり緊張している子,ニコニコ笑顔の子,いろいろな表情が見られました。

今年一年どんな楽しいことが待っているか,楽しみです。

2021.4.9

令和3年度が始まりました

春休みが終わり,令和3年度が始まりました。

園庭の桜も満開になりました。

1つ上のクラスになり,新しいネームをつけて元気いっぱいに登園してきた子ども達。

朝の準備を終わると,園庭に駆け出していきました。

今年度、どんなドキドキ・ワクワクことが待っているのか,楽しみです。

2021.4.8

じゃがいもとだいこんの収穫をしました

実習地にじゃがいもとだいこんの収穫に行きました。

じゃがいもは,土の中を掘るといろいろな大きさのじゃがいもが出てきました。

子どもたちも大喜びで「ショベルカーのように掘るぞ!」と一生懸命に掘っていました。

また,だいこんは抜こうとしますが,なかなか抜くことが出来ず,友達に手伝ってもらいながら,

一人一本ずつ大きな大根を持ち帰りました。

自分で抜いただいこんを大事そうに笑顔で持ってきた子どもたちは,頼もしくみえました。

2020.12.10・16

もちつきがありました

幼稚園でもちつきを行いました。

毎年附属幼稚園では,杵と臼を使ってもちつきをしています。

子どもたちは,もちつきの由来を聞き,一人一人杵を持っておもちをついていきます。

周りの子どもたちは,おもちをつくたびに「よいしょ!よいしょ!」と声援をおくっていました。

これからも,伝統的な行事を大切にしていきたいです。

2020.12.9

みかん屋さん オープン!

 附属幼稚園には,四季折々で実のなる木が植えてあります。

この時期は,みかんがおいしそうなオレンジ色になっていました。

年長の子ども達と「そろそろ食べられるかなぁ。」とみかんの木を見ながら話になり,収穫をしました。

年少・年中の友達とも一緒に食べようとテーブルにみかんを並べ,『みかん』と書いた看板を用意した年長さん。

そして、「みかんがありますよ~。」といろいろなところにいる子ども達に声をかけていきました。

手に消毒をして並んでもらい,みかんを渡していきました。

「甘いね。」「おいしいね。」と笑顔いっぱいの子ども達でした。

                                 2020.11.9

家族参観がありました

11月2・4・5日にそれぞれのクラスで家族参観を行いました。

日頃,子どもたちがどのように過ごしているか,どのような遊びを進めているかなど,

御家族の皆さんに見ていただきました。

子どもたちと一緒に遊んだり,運動遊びをしたりなど短い時間でしたが,子どもたちも

うれしい笑顔いっぱいで,楽しい時間を過ごしました。

2020.11.6

後期が始まり,稲刈りをしました

約1週間の秋休みは終わり,10月27日から後期が始まりました。

久しぶりに会った子どもたちは,秋休みの出来事をたくさんお話してくれました。

はじまりの式が終わった後,年長児は園庭の田んぼに集合して,稲刈りをしました。

稲刈りの仕方を聞いた後,1株をにぎって,はさみで切りました。

「たくさん切ったよ。」「がんばるぞ!」など言いながら切り進めていきました。

年中・年少のお友達もやって来て,落ち穂拾いが始まりました。

「あっ,カエルがいた!」と見つけた時は,大喜びでした。

収穫したお米を使って,おにぎりパーティーをする予定です。

2020.10.27

運動会が開催されました

10月18日(日),さわやかな秋空の下,運動会が開催されました。

今回はコロナ禍という,例年とは状況が違う中,保護者の皆様の御協力のもと,この日を迎えることができました。

かけっこ,ダンス,親子種目など競技の中で,子どもたちの一生懸命な姿とたくさんの笑顔を見ることができました。

年長児のチーム対抗リレーは,幼稚園最後の運動会の最後の競技で,会場中から歓声があがりました。

行事を一つ一つ終えるたびに,成長した姿を見せてくれる子どもたちです。

2020.10.18

芋掘りをしました

実習地の畑に植えたさつまいもの収穫に行きました。

みんなで一所懸命掘っていき,さつまいもが少し見えた瞬間「出てきたよ!」大喜び。

掘り出したおいもをかかえてとびきりの笑顔を見せてくれました。なかなか出てこないおいもに「誰か手伝って。」と声があがると「まかせて!」とすぐにきてくれる子,「一緒に掘ったらあっという間だね。」「こんなにとれたよ。」などいろいろな声が聞こえました。

実習地の先生や保護者の係の皆さんの御協力もあり,たくさんのおいもを収穫ができました。おうちに持ち帰りました。

幼稚園であります,焼き芋にもつかいます。

2020.10.1

じゃがいも・大根を植えました。

附属幼稚園の隣にあります実習地の畑をお借りして,子どもたちと一緒にじょがいもと大根の種を植えました。

みんなで「大きくな~れ!」と,どんどん植えました。そして,幼稚園のお部屋のテラスには,桜島大根の種も植えました。

生長をみんなで心待ちにしています。

2020.9.23

教育実習が始まりました。

今日から,教育実習が始まりました。

実習生は,子ども達との触れ合いをを通して保育を学ぼうと意欲的です。

子ども達も楽しみにしていました。早速,いろいろな場所でかかわる姿が見られました。

2020.9.1

幼稚園 前期後半がスタートです!

夏休みが終わり,幼稚園のお部屋や園庭に子ども達の元気な声がかえってきました。

いろいろな木を見上げながらセミを探したり,夏のお花で色水をつくったりなど,遊びを進める子ども達です。

また,いろいろな思い出を一緒につくっていきたいです。

2020.8.28

春の幼稚園(春)

入園式が終わり,新しいお友達が入ってきました。幼稚園では,子どもたちの元気な声が響いています。お天気のいい日は園庭で楽しく遊んでいます。 附属幼稚園には,いろいろな木や花があります。自然をつかった遊びも大好きです。

桜の木の下でお弁当は,おいしいな! みんなで食べると,うれしいな!たのしいな!

シロツメクサを集めて・・・ お料理をつくりましょう!

みどりの芝生に囲まれて,子どもたちは元気いっぱいです。

PAGE TOP